×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Profile

難波研



1983年静岡県浜松市生まれ。
作曲、音楽理論、日本伝統音楽、指揮、ピアノ、ハープシコード、サキソフォン等を学ぶ。
高橋アキ(ピアニスト)、故・岩城宏之、今村能、大井剛史(指揮者)、河野由里恵(ヴァイオリニスト)藤森亮一、加藤文枝(チェリスト)、Jean Penny(フルーティスト)、吉原すみれ、加藤訓子(打楽器)、パーカッショングループ72(打楽器アンサンブル)、東京フィルハーモニー交響楽団等、著名な演奏家・団体によって作品が演奏されている他、海外に於いてもコソボ、ウィーン、アーストラリアで作品が紹介されている。
第3回静岡の名手たち(1998)
イタリア文化会館東京作曲コンクール第1位(2008)、
武満徹作曲賞第2位(2010年 / 審査員:トリスタン・ミュライユ)。
Forme Uniche 国際作曲賞(2010)。
等、国内外のコンクールにおいて様々な賞を受賞する作曲家としての活動の他、講師、指揮者、ピアニスト、ギタリスト等活動の幅は広く、その国際的なスタンスはオーケストラ、合唱、室内楽、電子音楽、など、多方面にわたる作品に反映されている。
谷地村啓(アーバンギャルド)とのテクノユニットT-frontとしても活動中。

Ken Namba (b.1983)
Born in Hamamatsu, Shizuoka, 1983.
Studied composition, analysis, japanese traditional music, conducting, piano,
harpsichord and saxophone. In 1998, he was selected by "experts
in Shizuoka" (at Concert hall Shizuoka AOI). His works have been performed
by many players not only in Japan, but also in Vienna, Kosovo and Australia.
He received various prizes at national and international competitions including
Japan national composition competiton iic tokyo 2008 (first prize,
organized by the Istituto Italiano di Cultura Tokyo / 2008),
Toru Takemitsu composition award (2nd prize, organized by the Tokyo Opera
City Cultural Foundation / 2010)
Namba's international stance is reflected in his eclectic output, which includes
compositions for orchestra, choir, chamber music and electronics as well as
choreographies and written works.
Edition sound set publishes all of his music written after 2007.